サムネイル

Shopify でクラウドファンディングを行う方法とメリットについて徹底解説!

目次

はじめに

クラウドファンディングは、近年、製品やサービスの開発・販売に革命をもたらすモデルとして注目を集めています。

この仕組みを利用することで、起案者(販売者)は大量の在庫を抱えるリスクを避けつつ、消費者(支援者)は珍しい商品やサービスを市場に出る前に、お得な価格で手に入れることが可能になります。このような相互に有益な関係が、日本国内でも広く受け入れられてきています。

一般的にクラウドファンディングを行う際は、『Makuake』、『GREEN FUNDING』、『CAMPFIRE』といった専用のプラットフォームを利用することが最もスタンダードな方法です。これらのプラットフォームは購入型クラウドファンディングに特化しており、多くのプロジェクトが成功を収めています。

しかし、Shopify を活用することで、一風変わったクラウドファンディングのアプローチも可能です。

具体的には、自社が運営する Shopify のオンラインストアで直接、クラウドファンディングキャンペーンを実施することができます。これを「自社クラファン」と呼び、自社のリソースを最大限に活用しつつ、顧客との直接的な関係を築くことが可能です。

今回の記事では、Shopify でクラウドファンディングを行うメリット・デメリットと、Shopify でクラウドファンディングを行う具体的な方法について解説していきます。

Shopify でクラウドファンディングを行うメリット

顧客データの保有

自社の Shopify ストアを通じてクラウドファンディングを行う最大の利点の一つは、支援者のデータアクセスと管理が直接的に行える点です。この直接アクセスにより、顧客の詳細なプロファイルを構築することが可能になります。

顧客の購入履歴、行動パターン、反応速度、好みや興味を詳細に追跡し分析することで、将来のマーケティング戦略や製品開発に役立つ洞察を得ることができます。

また、クラウドファンディングキャンペーンを通じて収集されるデータは、顧客のニーズと期待を理解するのに非常に重要です。例えば、どの製品が最も関心を引いているか、または特定のプロモーションがどれだけ効果的であったかを把握することができます。

この情報は、未来のキャンペーンの計画や、よりターゲットを絞ったマーケティング活動の展開に直接活用できます。

さらに、自社の Shopify ストアを使用することで、支援者との関係を強化し、よりパーソナライズされた顧客体験を提供することが可能です。

顧客一人ひとりの好みや以前の購入行動に基づいてカスタマイズされたメールマーケティングや、特別オファー、新製品の先行予約などを提案することで、顧客のロイヤリティを高め、継続的なビジネスの成長に寄与することができます。

これらの戦略的なアプローチにより、自社の Shopify ストアを通じたクラウドファンディングは、ただの資金調達手段を超え、長期的なビジネス成功への鍵となる重要なツールとなります。

データ駆動型の意思決定プロセスは、製品の革新と顧客満足の向上に直結し、結果的に市場での競争力を強化します。

高い柔軟性と拡張性

Shopify はその高い柔軟性と拡張性で知られており、多様なアプリやツールとの連携を通じて、クラウドファンディングキャンペーンの可能性を広げることができます。このプラットフォームでは、さまざまな外部アプリケーションを組み込むことが可能であり、それぞれが特定の機能やプロセスの最適化を助ける役割を果たします。

例えば、CRM(顧客関係管理)ツールを統合することで、支援者のデータを効率的に管理し、パーソナライズされたマーケティング戦略を展開することが可能になります。

また、自動化ツールを使用することで、注文処理、在庫管理、顧客対応などのバックオフィス業務を効率化し、時間とコストの節約につながります。これにより、運営チームはキャンペーンの戦略的な側面により多くの時間を費やすことができ、より創造的で革新的なアイデアに集中することが可能です。

さらに、Shopify の強力な API と開発者フレンドリーなプラットフォームにより、企業は必要に応じてカスタムアプリケーションやプラグインを開発し、特定のニーズに合わせた機能を追加することができます。

これは、クラウドファンディングキャンペーンをユニークで差別化されたものにするのに大いに役立ちます。

顧客エンゲージメントを強化するためには、ソーシャルメディア統合ツールや E メールマーケティングソフトウェアも有効です。これらを利用して、支援者とのコミュニケーションを強化し、キャンペーンの可視性を高めることができます。

効果的なコミュニケーションは、支援者の参加を促し、キャンペーンの成功率を向上させる鍵となります。

このように Shopify を利用することで、クラウドファンディングキャンペーンはただの資金調達手段ではなく、ブランドの価値を高め、顧客との深いつながりを築くための強力なツールに変わります。

その柔軟性と拡張性により、無限の可能性を秘めたプラットフォームであると言えるでしょう。

販売手数料が安い

最も大きな利点の一つとして、販売手数料の大幅な削減が挙げられます。一般的な購入型クラウドファンディングのプラットフォームでは、手数料が約 20%となることが多いですが、自社クラファンではこれが圧倒的に低く抑えられるため、直接的な利益率が高まります。

この手数料の節約が、さらなるマーケティング活動への再投資を可能にします。

例えば、プラットフォームを介さずに直接 Facebook 広告を出稿する場合、そのデータは自社で管理・蓄積できるため、長期的な顧客リレーションシップの構築に役立ちます。

自社クラファンを通じて得られる顧客データは、未来のマーケティング戦略や製品開発の重要な基盤となり得ます。

審査・規則が無い

プラットフォームに依存しないため、審査や規制の面での自由度が格段に向上します。

多くのクラウドファンディングプラットフォームでは、特定の言葉の使用や製品の条件など、厳しいルールが設けられています。これらは時にプロジェクトの立ち上げやページの表現において大きな制約となり得ます。

しかし、自社クラファンでは、これらの規制から解放され、もっと自由なクリエイティブ表現が可能になります。もちろん、消費者保護の観点から、不適切な表現や誤解を招くような内容は避ける必要がありますが、より柔軟なプロモーションが展開可能です。

経営的な観点からも、自社クラファンは大きな利点をもたらします。

手数料の削減は明らかな金銭的メリットを提供する一方で、顧客との直接的な関係構築により、ブランドの忠誠心や満足度を高めることができます。

これは、長期的なビジネス成長において極めて重要な要素です。

以上のように、自社クラファンを通じて、手数料の削減、マーケティングへの再投資、審査や規制の自由度向上、経営戦略の最適化といった多角的なメリットを享受することが可能です。

これにより、新たな製品やサービスを市場に導入する際のリスクとコストを効果的に管理し、より大きなビジネスチャンスを掴むことができるでしょう。

Shopify でクラウドファンディングを行うデメリット

集客の課題

Shopify を使用して自社でクラウドファンディングキャンペーンを行う場合、一般的なクラウドファンディングプラットフォームが提供する集客力と比較して、自力での集客が必要になります。これは、特にブランド認知度が低い初期段階のプロジェクトにとっては大きな障壁となり得ます。有効なマーケティング戦略や広告出稿など、追加の努力と予算が必要です。

ストア構築にスキルが必要

Shopify プラットフォームをカスタマイズしてクラウドファンディングの機能を実装するには、一定のテクニカルスキルが求められます。クラウドファンディング専用の機能を自店舗で完全に統合するには、Web 開発に関する知識や専門の開発者の支援が必要になる場合があります。これにより、初期設定コストが増加する可能性があります。

高い初期投資

Shopify でクラウドファンディングを開始するためには、プラットフォームの設定、必要なアプリの購入、カスタマイズ作業など、初期投資がかかります。これは特に小規模なスタートアップや個人事業主にとって大きな負担となることがあります。

Shopify でクラウドファンディングを行う方法

Shopify でクラウドファンディングを行う方法として最もメジャーなのは Shopify アプリを使用することです。

いくつかのアプリを紹介します。

MyStoreFunding

こちらは、最もメジャーなクラウドファンディングアプリになります。

MyStoreFunding

こちらのアプリは日本語翻訳されていない海外向けのアプリではありますが、上記の画像のようなクラウドファンディングを実現することが可能です。

以下、アプリストアからの引用です。

あなたのアイデア、あなたの夢を実現するサポートが、私たちのアプリから始まります。 多くのクラウドファンディングサイトが制約やガイドラインを課している中、私たちのアプリは異なるアプローチを採用しています。主要なサイトとは違い、自分自身のサイトでファンディングを開始できるのです。これにより、プロジェクトを直接管理し、自由度を最大限に活かすことが可能になります。 私たちのアプリの利点は、ブランドやイメージの統一性を維持しながら、クラウドファンディングページをカスタマイズできること。そして、直接的なコミュニケーションを顧客ととることができる点です。この接点を活かして、フィードバックや意見を直接受け取ることができ、それをもとにプロジェクトをより良いものへと進化させることができます。 さらに、独自のプロモーションやマーケティング戦略を導入するのも容易です。主要なクラウドファンディングサイトの制約から解放されることで、自分のネットワークやコミュニティを駆使してプロジェクトを宣伝することが可能となります。 私たちのアプリは、制約から自由になり、あなたのクリエイティビティを最大限に発揮します!

こちらのアプリは月額は無料で使用することができますが、クラウドファンディングを通じた売り上げの 3% が手数料として引かれます。

主要なクラウドファンディングサイトでクラウドファンディングを行うと、手数料の 20% 程が引かれるので、かなり安価であるといえるでしょう。

Crowdfunding Manager

世界的に最も使われているアプリは、こちらのCrowdfunding Managerになります。

Crowdfunding Manager

こちらのアプリを利用すると、以下の画像のようなクラウドファンディングを簡単に実現できます。

以下、アプリストアからの引用です。

このアプリでは、クラウドファンディングキャンペーンを作成し、あなたのお店のどの商品を参加させるかを選択することができます。そのような商品には、「今すぐ資金調達」ボタン(名前は変更可能)、寄付/予約注文の統計、目標、調達額が表示されます。表示する情報を選んでください。商品ページで統計情報を見るために、金額の異なるいくつかの支援オプションを作成します。商品ページにビデオを追加して、コンセプトを宣伝する。目標金額に達したら、キャンペーンを継続または終了することができます。複数のバッキングオプションで、キャンペーンをサポートする機会を増やすことができます。クラウドファンディングのウィジェットや寄付の進捗状況バーのデザインを完全にカスタマイズ可能。クラウドファンディングキャンペーンの状況をメールでお知らせ。各注文とその詳細を含む、すべてのキャンペーンに関する完全な統計。シンプルなインターフェイスで、HTML と CSS を使用せずに簡単にセットアップが可能。

こちらのアプリは月額19.95 ドルで使用することができます。

それ以外の課金は存在しないので、かなり安価に Shopify でクラウドファンディングを行うことが可能です。

ただ、デザインが日本向けでは無いので、日本国内で利用する際にはコーディングを用いたデザインカスタマイズが必要になるかと思います。

終わりに

ここまでで、Shopify でクラウドファンディングを行う方法についての解説は終了です。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

お疲れさまでした。

おすすめ Shopify アプリ

シンプル名入れ|お手軽名前入りギフトオプションのアイコン

シンプル名入れ|お手軽名前入りギフトオプション

シンプルな日本製の名入れオプションアプリ。商品毎に名入れオプションを追加できます。

シンプル在庫数表示|お手軽残りわずか表示のアイコン

シンプル在庫数表示|お手軽残りわずか表示

シンプルな商品の残りわずか表示アプリ。ストアに商品の残りわずか表示を簡単に導入できます。

シンプルギフトラッピング|お手軽ギフト包装アプリのアイコン

シンプルギフトラッピング|お手軽ギフト包装アプリ

シンプルな日本製のギフトラッピングアプリ。カートページに簡単にギフト包装オプションを追加できます。

シンプル購入制限|お手軽注文制限について徹底解説のアイコン

シンプル購入制限|お手軽注文制限について徹底解説

シンプルな日本製の購入数制限アプリ。商品ごとに数量の規制を行えます。

シンプルランキング表示|お手軽ベストセラーのアイコン

シンプルランキング表示|お手軽ベストセラー

購入促進!コレクションにランキングラベルを表示してストアの人気商品をアピール

シンプル顧客タグごとの限定販売|お手軽ロイヤリティのアイコン

シンプル顧客タグごとの限定販売|お手軽ロイヤリティ

日本製の顧客タグごとの購入制限アプリ。特定のタグを持つ顧客への限定販売を簡単に実現できます。

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示のアイコン

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示

シンプルなロゴリストアプリ。ストアにロゴリストを簡単に導入できます。

シンプル余白調整|お手軽レイアウトのアイコン

シンプル余白調整|お手軽レイアウト

シンプルな日本製の余白調整アプリ。余白を挿入することでページデザインの調整が簡単にできます。

シンプルのし(熨斗)アプリのアイコン

シンプルのし(熨斗)アプリ

シンプルな日本製のしアプリ。のし選択機能を簡単に実現できます。

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリのアイコン

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリ

シンプルな画像バナーアプリ。ストアに画像バナーを簡単に表示できます。

シンプル Q&A|どこでも FAQのアイコン

シンプル Q&A|どこでも FAQ

シンプルな Q&A アプリ。ストアに FAQ を簡単に導入できます。

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導のアイコン

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導

シンプルなモバイルアプリバナー。ストアにモバイルアプリバナーを簡単に導入できます。

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリのアイコン

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリ

シンプルな流れる告知アプリ。ストアに流れる告知を簡単に導入できます。

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更のアイコン

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更

売り切れ商品を非表示にすることができる日本製アプリ。売り切れになった商品を、自動的に非表示(下書き状態)にすることができます。

シンプルレビュー|お手軽口コミのアイコン

シンプルレビュー|お手軽口コミ

シンプルな日本製のレビューアプリ。レビュー機能を簡単に実現できます。

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売のアイコン

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売

シンプルな日本製の会員限定販売アプリ。商品毎に、ログインしていない顧客の購入制限を行えます。

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付けのアイコン

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け

日本製の会員ランク管理アプリ。条件を達成した顧客に自動でタグを追加し、顧客管理を手助けします。

シンプル Wishlist|お手軽お気に入りのアイコン

シンプル Wishlist|お手軽お気に入り

商品数・お気に入り数の上限なしで使えるお手軽お気に入りアプリ。簡単にお気に入り機能を実現できます。

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリのアイコン

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリ

シンプルな日本製の Coming Soonアプリ。商品毎に発売予告を行えます。

シンプルセット販売|お手軽クロスセルのアイコン

シンプルセット販売|お手軽クロスセル

シンプルな日本製のセット販売アプリ。セット販売でのクロスセルを簡単に実現できます。

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使えるのアイコン

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使える

日本製の予約販売アプリ。予約販売や受注販売、在庫切れ商品販売を簡単に実現できます。

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売のアイコン

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売

シンプルな日本製の期間限定販売アプリ。商品ごとに販売期間を設定することができます。

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売のアイコン

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売

日本製の VIP 限定販売アプリ。特別な顧客を対象とした限定商品の販売を簡単に実現できます。

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリのアイコン

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリ

シンプルな日本製の定額ポイントアプリ。顧客はポイントをそのまま利用することができます。

おすすめ記事