Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法は3種類!アプリの使い方も解説

ランディングページとは以下のようなもので、検索結果や広告などを経由してユーザーがはじめて着地する(Land)ページのことを指します。LPはLanding Pageの略称です。
image.png
image.png

Shopifyでは、ランディングページ(LP)を商品ページや割引ページ、コレクションページなどにするといいかと思います。

今回の記事は、以下の記事を参考にしています。

Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法を徹底解説

Easy LP 公式サービスページ

Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法

Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • Shopify内で簡易的に作成する
  • コーディングでいちから作成する
  • アプリを導入する

Shopify内で簡易的に作成する

まず、Shopify内で簡易的なランディングページ(LP)を作成する方法について説明します。この方法は無料である点がメリットですが、手の込んだものは作れない点はデメリットといえるでしょう。

ストアの管理画面でオンラインストア>ページとクリックし、右上に表示されるページを追加をクリックします。
image.png

すると以下の画面になるので、画像やキャッチコピーの設定、ボタンの追加などをしてランディングページを作成していきます。
image.png

ウェブサイトのSEOを編集するをクリックすると、ページタイトルや説明文などを入力できます。ここでランディングページにおける検索エンジンの最適化(SEO)を図ることが可能です。
image.png
image.png

コーディングで0から作成する

コーディングでランディングページを作成する場合、Liquidの知識が必要になります。

自身にLiquidの知識があるか、専門の開発者を雇うかすれば、デザインや機能の充実した高度なランディングページ(LP)を作成できるのがメリットです。

ただし、手間がかかる点や、専門の開発者を雇う場合にはコストがかかる点はデメリットといえるでしょう。

アプリを導入する

最後に、ランディングページ(LP)を作成できるアプリを導入する方法です。

アプリを利用すると、Shopify内の簡易的なものより本格的に、コーディングで一から作成するより手軽にランディングページを作成できるのがメリットです。

月額料金がかかる点はデメリットですが、初期費用はかからないため比較的導入しやすいでしょう。

Shopifyで使いやすいランディングページ(LP)の作成アプリはどれ?

Shopifyでランディングページ(LP)を作成できるアプリとしては、ShogunやPageFlyがあります。しかしどちらも英語表示のため戸惑うケースもあるかもしれません。

そこで、今回は多くの人にとって使いやすいと考えられる、日本語に対応したランディングページ(LP)の作成アプリを使って解説していきたいと思います。

今回使用するアプリは以下の通りです。
らくらく画像ランディングページ | リテリア Easy LP

アプリの特徴は以下の通りです。

  • ノーコードで画像LPを簡単に作成できる
  • ボタンLPや動画LPも使える
  • 管理画面は日本語に対応
  • 操作に迷ったら日本人エンジニアの手厚いサポートが受けられる

月額料金は14.99ドルで、今現在は7日間の無料体験があります。

らくらく画像ランディングページ | リテリア Easy LPの使い方

アプリのインストール方法や使い方を確認していきましょう。

アプリのインストール方法

ストアの管理画面でアプリ管理>ストアをカスタマイズとクリックします。
image.png

Shopifyのアプリストアに移動するので、検索ボックスにらくらく画像ランディングページ | リテリア Easy LPと入力して検索しましょう。
image.png

該当のアプリをクリックします。ここでは最上段の右側に表示されていました。
image.png

アプリを追加する>アプリをインストールとクリックしていきます。ここまででアプリのインストールは完了です。
image.png
image.png

次に、テーマに反映の項目でアプリをインストールするテーマを選び、有効化をクリックします。

ここでは「Studio(公開中のテーマ)」を選択して有効化しています。
image.png

アプリを有効化しましたのポップアップがでればアプリの設定は完了です。

次に、有効化ボタンの隣にあるプレビューボタンをクリックしましょう。
image.png

ストアが表示されるので、画面の一番上・真ん中にあるボックスをクリックし、商品ページをクリックします。
image.png
image.png

ここではデフォルトの商品をクリックします。
image.png

デフォルトの商品ページに移動するので、下の方までスクロールするとLP画像のアプリボックスが追加されています。
image.png
image.png

ランディングページ(LP)の作成方法

ここからは、簡単にランディングページ(LP)を作成してみたいと思います。

画面右側にあるLP画像の詳細設定の項目を見ていきましょう。
image.png

画像を選択をクリックし、無料の画像から選択するか画像をアップロードするかして、選択するをクリックします。
image.png
image.png

ランディングページ(LP)のメイン画像が表示されました。
image.png

画面右側の項目で、画像の下にある代替テキストを追加するをクリックして画像のalt属性を入力しておくと、検索エンジンの最適化(SEO)に有効です。
image.png

そのほか、パソコン・スマホそれぞれで上下の余白を調整できます。
image.png

動的ソースの挿入も可能です。
image.png

なお、ストアの画面上でセクションを追加をクリックすると、以下のメニューが使えます。

  • LPボタン
  • LP動画
  • LP画像
  • ヘッダーを消すためのブロック
    image.png
    image.png

まとめ

Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法としては、以下の3つがあります。

  • Shopify内で簡易的に作成する
  • コーディングで一から作成する
  • アプリを導入する

今回は、より本格的に、より手軽にランディングページを作成する方法として「アプリを導入する方法」を選び、解説してきました。

使用したアプリは以下の通りです。
らくらく画像ランディングページ | リテリア Easy LP

日本語対応のアプリはやはり使いやすいなと思いました。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

最後に、改めて参考記事を貼っておきます。

Shopifyでランディングページ(LP)を作成する方法を徹底解説

Easy LP 公式サービスページ

おすすめ記事