サムネイル

Shopify ストアで顧客タグを自動付与する方法を徹底解説!

こんにちは、Shopify ストア管理者の皆さん。顧客タグを自動付与して、顧客管理を効率化していますか?顧客が少ないときは1つ1つ手動でタグ付けしていたとしても、だんだんとわけがわからなくなったり面倒くさくなったりしますよね。「顧客タグを自動付与したい!」「もう顧客管理に悩まされたくない!」と思ったそこのあなた。今回の記事を読むだけで、これからタグ付けや顧客管理に悩まされずにストア運営ができるようになります!!

今回の記事では顧客タグの自動付与と顧客管理の重要性に焦点を当て、最大限に活用する方法を画像付きで解説していきます!!
そして、顧客タグ導入の手順解説だけにとどまらず、タグ付けを用いた顧客管理のメリット、それに伴う便利な顧客管理方法と効果的なマーケティングまで徹底解説します!

今回の記事でわかること

  • タグ付けのメリット・デメリット
  • 顧客タグを自動付与する方法と顧客管理方法
  • 顧客タグを使った効果的なマーケティング

今回の記事を読んで、一緒に快適なストア構築と売上アップを目指しましょう!

目次

タグとは?

タグとは注文情報や商品情報、顧客情報を管理するためのラベルのことです。タグを商品や顧客に付けることで、「特定の商品がどれだけ売れたか」「どの顧客がよく商品を買っているか」といった情報をすぐに見つけられます。これにより、商品のメンテナンスや出荷の準備などを効率化することができます。タグには主に商品につける「商品タグ」と顧客につける「顧客タグ」があります。

主なタグ

商品タグ

「商品タグ」は、商品の特徴を分類するラベルのようなものです。例えば、色やサイズ、形といった特徴をタグ付けし、タグによって商品をグループ分けしたとします。そうすると、同じ種類の商品を一緒に見せたり、特定の商品だけを表示させたりするといった絞り込みができます。簡単に言うと、服屋さんで「夏物」とか「赤い T シャツ」といった具合に、商品を見つけやすくするためのものです。

顧客タグ

「顧客タグ」は、顧客の好きなものや、どれくらいお店を利用しているかといった情報を分類するために使います。これによって、お店は顧客一人ひとりに合わせたサービス提供が可能です。たとえば、よくお店を利用してくれる人には特別な割引を提供したり、新商品の情報を送ったりすることができるようになります。

その他のタグ

商品や顧客以外にも「仕入れ」や「ブログ記事」、「注文」などにタグ付けできます。これにより、それぞれの項目を効率的に管理したり、特定のアクションや設定を適用することが可能になります。

今回の記事では顧客タグについて焦点を当て、解説していきます。

顧客タグを自動付与するまえに、念のために再度タグ付けのメリット・デメリットを見ていきましょう!

タグ付けのメリット・デメリット

タグ付けのメリット

  • パーソナライズされたサービスの提供と関係性の構築
    顧客タグを使って、顧客一人ひとりの購買履歴や好みを理解し、個人に合わせたサービスや製品を提供することが可能です。例えば、健康食品を好む顧客に新商品のオーガニック製品のお知らせや健康に関するイベントの招待状を送ることができます。このような個別化されたアプローチによって、顧客は「自分専用のサービスをしてもらった」という気持ちになり、ストアとの信頼関係の構築につなげることができます。

  • 顧客満足度の向上
    顧客タグを用いることで、誕生日割引や記念日に合わせた特別なメールを送るなど、パーソナライズされたアプローチが可能となります。誕生日に特別な割引クーポンやお祝いのメッセージを送ることで、顧客は自分が大切にされていると感じ、ストアに対する好感度が上がります。こうした手法を用いて顧客満足度を向上させることで、顧客があなたのストアに訪れる確率が高まっていきます。

  • リピート購入の促進
    顧客タグを活用することで、顧客の過去の購入履歴や好みに基づいてリピート購入を促進できます。過去にランニングシューズを購入した顧客にシューズのケア用品や新商品のランニングシューズ情報を提供することで、再購入の可能性を高めることができます。顧客の興味に合った製品を提案することはリピート購入に大いに役立ちます。

  • マーケティングに活用できる。
    顧客タグから得られる情報は、効果的なマーケティング戦略を立てるのにも役立ちます。例えば、夏物の T シャツを購入した顧客には、夏にピッタリなアクセサリーやサングラスなどの関連商品の紹介が効果的です。このように、顧客が過去に関心を示した商品に基づいて関連商品を推薦することで、追加購入を促すことができますね。

タグ付けのデメリット

  • 管理の複雑化
    顧客データの量が増えると、データを効率的に追跡し管理することが困難になります。顧客ごとの購入履歴、好み、フィードバックを管理するためのシステムが必要になり、その設定や維持に時間と労力がかかります。

  • 誤ったタグ付けによるリスク
    不正確なデータや誤った分析でタグ付けを行うと、マーケティング戦略の誤算につながることがあります。誤ったタグ付けは顧客のパーソナライズに適さず、興味や購買行動を誤って解釈するきっかけとなります。その結果、関連性のない製品を推薦してしまい、顧客の困惑や不信感を招く場合があります。

    誤った解釈や手動タグ付けでのミスをなくし、効果的で楽な顧客管理をしていくためにも積極的に顧客タグを自動付与して顧客管理をしていきましょう!次はおすすめのアプリを紹介していきます。

顧客タグ自動付与でおすすめのアプリ

メリット・デメリットから顧客タグを自動付与したほうが良い理由がわかりました。ただ、実際に導入するとなると、「どのようにしたら良いのかわからない」「顧客管理の仕方も知りたい」といった方も多いのではないでしょうか。そこで、顧客タグを自動で付与する手順を画像付きで解説していきます!

また、ストアの管理のために顧客タグを導入するだけではもったいないです。上級者は顧客タグを自動付与するだけではなく、顧客管理やマーケティングにも活用しています。快適なストア構築と売上アップに繋がるように顧客タグと相性の良いおすすめのアプリも紹介していきます!

早速、顧客タグを自動付与するアプリを見ていきましょう!

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け


こちらからインストールできます

特徴

日本製の会員ランク管理アプリ。条件を達成した顧客に自動でタグを追加し、顧客管理を手助けします。

会員ランク管理アプリは、Shopify ストアに簡単に顧客自動タグ付け機能を導入することができるアプリです。顧客の注文金額や購入回数に応じた条件を設定でき、条件を満たす顧客には自動でタグが追加されます。ユーザー数やその他の条件に基づく複雑な課金は存在せず、自動タグ付け機能を瞬時に提供します。このアプリは日本製であるため、日本語による完全な導入サポートも付属しています。

おすすめポイント

この「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」アプリは顧客タグの自動付与に最適のアプリです。
「注文金額合計」か「注文回数」の2つの条件から選ぶだけで、面倒くさいタグ付けと顧客管理を省くことができます。「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」アプリでできることは下記のとおりです。

  • 注文金額や購入回数に応じてタグを自動付与できる
  • 会員ランク条件設定時に顧客に自動でタグ付けできる
  • 商品の購入時に、条件を満たす顧客に自動でタグ付けできる
  • 顧客管理が楽になり、マーケティングに活かせる

「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」を使えば、顧客の購入パターンや嗜好に基づいてタグを自動付与できます。設定をすることで、高額商品をよく購入する顧客には自動で「VIP」というタグ付けをすることが可能です。

加えて、顧客タグを使って顧客一人ひとりの購買履歴や好みの情報を整理できるため、個別のパーソナライズができ、かんたんに顧客満足度を向上が見込めます。顧客のタグ情報を管理することで過去の購入履歴や好みに基づいた商品紹介がしやすいため、マーケティングやリピーターの獲得にも活用できるおすすめのアプリです!

海外製のものだと、あとで紹介する「Easy Tagging」がありますが、設定の難易度に加えて日本語対応がされていないため「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」アプリをおすすめします。

価格設定

7 日間の無料体験あり

BASIC PLAN
$9.99/月
ユーザー数やタグの量による追加料金無し

使用方法

「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」には「注文金額の合計」によるタグ付けと「注文回数」による自動タグ付けが選べます。それぞれ個別に解説していきます。

【注文金額の合計のタグ付け設定】

さっそく使い方を解説していきます。インストール画面よりアプリのインストールをしましょう。

インストールができたら「ダッシュボード」ページが表示されるので、「会員ランク設定」をクリックして設定していきます。もし、画像とページが違った場合、画面左の「ダッシュボード」より設定することができます。

「注文金額の合計」によるタグ付けと「注文回数」による自動タグ付けが選べます。まずは「注文金額の合計」の設定をしていきます。

今回の例では 3 万円以上 5 万円未満の顧客に「ストア愛好家」というタグを付け、5 万円以上の顧客に「お得意様」というタグを付ける設定にしたいと思います。
「会員ランクを追加」をクリックしましょう。

ランク名(顧客タグ名)の設定とランク条件の設定を行いましょう。
設定が完了したら「会員ランクを追加する」を押して保存しましょう。

無事に設定できています。これで 3 万円以上 5 万円未満の顧客に自動で「ストア愛好家」のタグを付与することができるようになりました。

次は 5 万円以上の購入者に「お得意様」というタグ付けをしていきます。
同様に「会員ランクを追加」から設定していきましょう。今回の注意点は、上限を設定しないにチェックを付けている点です。自身のストアでタグ付けをする際に上限金額を設定するかよく考えるようにしましょう。

無事に「ストア愛好家」と「お得意様」の 2 つの設定ができました。

設定が完了したら忘れずに「保存する」をクリックしましょう。

ダッシュボードに戻るとひと目で顧客タグと人数がわかるようになっています。これは非常に便利で快適ですね。今まで手動で行っていたタグ付けが自動でできるようになりました。

【注文回数による自動タグ付け設定】

次は「注文回数」による自動タグ付けを設定していきます。条件タイプ設定から「注文回数」を選択しましょう。

今回の設定ではストアでの注文回数が 3 回以上 5 回未満の場合、「シルバー」というタグ付けをしていきます。

たったこれだけのかんたんな操作で設定できます。

テスト購入をしてみると、シルバーのタグ付けがされています。

たったこれだけのかんたんな操作で顧客タグの自動付与と顧客管理ができるようになりました。「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」アプリは非常に便利で日本語対応がされており、サポートも充実しています。7 日間の無料体験もあるので、積極的に導入していきましょう!
こちらからインストールできます

Easy Tagging


こちらからインストールできます

特徴

注文、商品、顧客に自動でタグをつけよう!
特定の条件に合う注文、商品、顧客に自動でタグを付けられます。このアプリは使い方がすごくかんたんで、ルールを設定するだけで条件に合った注文、商品、顧客にアプリが自動でタグを付けてくれます。さらに、ルール作成を助けるサポートもあります!もう手動でタグを付ける必要はなく、たくさんの時間を節約できます。タグを使うと、ストア管理が楽になります。タグ検索を使って、注文や商品、顧客を簡単に見つけよう。

おすすめポイント

Easy Tagging は、Shopify 管理画面上で条件に合致する注文、商品、顧客に自動でタグを付けることができます。設定した任意の条件に基づいて、注文や商品、顧客にタグ付けすることが可能です。これにより、何千もの商品に付いているタグの一括削除や更新が行えます。

Easy Tagging の大きなメリットは、タグ検索を利用して注文、商品、顧客を素早く見つけ出すことができる点です。これにより、Shopify ストアの整理がぐんと簡単になります。これまで時間がかかっていた手動でのタグ付け作業を、このアプリを使って自動化することで、時間を大幅に節約できるようになります。

価格設定

タグ付けの量によるプラン価格の変動

プラン名ベーシックプランスタンダードプランアドバンスドプランプロプラン
価格$4.99/月$9.99/月$19.99/月$49.99/月
タグ付け可能数/月最大 2,000 タグ最大 10,000 タグ最大 50,000 タグ最大 200,000 タグ
特徴注文、商品、顧客のタグ付け、リアルタイムタグ付け注文、商品、顧客のタグ付け、リアルタイムタグ付け注文、商品、顧客のタグ付け、リアルタイムタグ付け専用キューインスタンスを使用した優先タグ付け、長時間のタグ付けプロセス

このアプリは日本語に翻訳されていません

使用方法

早速アプリのインストールをしていきましょう。

日本語対応していないので、わかりにくい部分もありますが、「Create Rule」よりタグ付けの設定ができます。

「Create New Empty Rule」を押して各項目を記入していきます。

設定項目が表示されるので入力していきます。
① 設定のタイトル
② タグ付けをする対象:「Orders(注文)」「Products(商品)」「Customers(顧客)」から選べます。今回は「Customers(顧客)」に自動タグ付けをします。
③ 条件設定の追加:今回は 1 万円以上を条件としています。
④ 実際に付けるタグ:今回のタグ名は「ストア愛好家」にしています。
⑤ 設定の保存

保存をすると無事に設定することができています。設定の編集をしたい場合はえんぴつのマーク(edit)より変更が可能です。これで1万円以上の商品を購入した顧客にストア愛好家というタグ付けがされます。

条件は合計金額以外にもさまざまなものがあるので、ストアに取り入れたいものが見つかるかもしれませんね。

さまざまな機能がある反面で内容がわかりにくい部分があり、導入に時間がかかってしまいましたが無事に設定することができました。
こちらからインストールできます

どちらのアプリがおすすめか

現在、Shopify ストアにある顧客タグを自動付与できるアプリとして、日本製と海外製のものを紹介しました。

「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」は日本語対応がされています。そして、顧客タグを自動付与設定も1ステップで完了し、いくらタグを追加しても価格は変わりません。

「Easy Tagging」は多機能で条件設定もさまざまですが、日本語対応がされていないため、操作がしにくい部分がありました。
価格では「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」は料金が変わりませんが、「Easy Tagging」はタグの量によってプラン料金が変わってきます。

今回の比較では以下のような結果になりました。

料金を気にせず設定にこだわりたい人は「Easy Tagging」がおすすめ

日本語対応がされていないため、操作が難しい部分がありますが、設定にこだわりたい方は「Easy Tagging」がおすすめです。

こちらからインストールできます

かんたん操作で顧客タグの自動付与と顧客管理をしたい方は「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」がおすすめ

日本語対応とシンプルな操作ですぐに顧客タグを自動付与する設定ができ、顧客管理もかんたんなため、初めて機能を導入する方は「シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け」がおすすめです。

こちらからインストールできます
次は顧客管理顧客タグと組み合わせて使うと、パーソナライズとマーケティングに絶大な効果を発揮する相性の良いアプリを紹介します。

顧客タグの自動化と相性のいいアプリ

顧客タグの設定ができたら、より快適なストア構築と売上アップのために相性の良いアプリを導入して合せ技をしましょう。今回、おすすめのアプリはたくさんありましたが、特におすすめのアプリとして1つに厳選しました。組み合わせることで絶大な効果を発揮するのでぜひ取り入れてみましょう。

LINE 誘導ボタンらくらく設置|リテリア LINE 誘導


こちらからインストールできます

特徴

LINE 誘導ボタンをストアに設置することで、あなたのストアの LINE 公式アカウントの友達登録を促し、集客率向上が見込めます!
あらゆるページで、LINE 誘導ボタンを埋め込み! 「Shopify で LINE 誘導ボタンを埋め込みたい...」 「Shopify オンラインストアから LINE への流入率を高めたい...」 「Shopify オンラインストアと LINE を連携して、マーケティングを強化したい...」 その悩みを解消できるのが『LINE 誘導ボタンらくらく設置|リテリア LINE 誘導』です! 本アプリを使用することで、コード編集なしで LINE 誘導ボタンをストアに追加することができます! 『LINE 誘導ボタンらくらく設置|リテリア LINE 誘導』を使用して、LINE への流入率を高め、集客力・コンバージョン率を高めましょう!

おすすめポイント

この「LINE 誘導ボタンらくらく設置|リテリア LINE 誘導」アプリは自身のストアページの好きな場所に「LINE の友達追加ボタン」を設置することができます。
このアプリを使うことで、ストアからの情報提供をスムーズにできるようになり、顧客の好みに合わせてイベントのお知らせやストアのセール情報などを発信できます!

アプリでできること

  • LINE 公式アカウントの導入
  • 効率的な顧客とのコミュニケーション経路の確保
  • リピート購入の促進
  • マーケティングへ活用

アプリでストアページに LINE の友達追加ボタンを設置して友だち追加を誘導し、タグ付けした顧客にメッセージを送信するという合せ技がおすすめです。

価格設定

7日間の無料期間あり
スタンダード
$3.99/月
ユーザー数による追加料金無し

使用方法

ストアに LINE のボタンを設定するためにアプリをインストールしましょう。

テーマに追加をクリックすると、ストアにアプリを追加することができます。

画面左側で LINE ボタンの位置やアイコンの設定ができます。好みの画像を追加したりテキストを変更したりして、ストアのレイアウトを整えることができます。

アイコンとテキストの設定ができました。

画像やテキストは LINE の画像以外にも好みに合わせて設定できます。テキストのサイズや空白なども調整できるので、ストアのレイアウトを自由自在に設定できます。直感的にかんたんな操作ですぐに設定が完了しました。
こちらからインストールできます

まとめ

今回の記事ではタグ付けのメリット・デメリットに加えて顧客タグを自動付与する方法や顧客管理方法、マーケティングの解説をしました。

そして、アプリで顧客タグを導入する手順やおすすめの点を紹介してきましたが、今回の記事でわかることが達成できたか振り返ってみましょう。

  • タグ付けのメリット・デメリット
  • 顧客タグを自動付与する方法と顧客管理方法
  • 顧客タグを使った効果的なマーケティング

快適なストアを構築し、売上アップにつながるよう、積極的に顧客タグ自動付与のアプリやマーケティングのアプリを取り入れていきましょう!それでは。

おすすめ Shopify アプリ

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示のアイコン

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示

シンプルなロゴリストアプリ。ストアにロゴリストを簡単に導入できます。

シンプル余白調整|お手軽レイアウトのアイコン

シンプル余白調整|お手軽レイアウト

シンプルな日本製の余白調整アプリ。余白を挿入することでページデザインの調整が簡単にできます。

シンプルのし(熨斗)アプリのアイコン

シンプルのし(熨斗)アプリ

シンプルな日本製のしアプリ。のし選択機能を簡単に実現できます。

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリのアイコン

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリ

シンプルな画像バナーアプリ。ストアに画像バナーを簡単に表示できます。

シンプル Q&A|どこでも FAQのアイコン

シンプル Q&A|どこでも FAQ

シンプルな Q&A アプリ。ストアに FAQ を簡単に導入できます。

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導のアイコン

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導

シンプルなモバイルアプリバナー。ストアにモバイルアプリバナーを簡単に導入できます。

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリのアイコン

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリ

シンプルな流れる告知アプリ。ストアに流れる告知を簡単に導入できます。

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更のアイコン

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更

売り切れ商品を非表示にすることができる日本製アプリ。売り切れになった商品を、自動的に非表示(下書き状態)にすることができます。

シンプルレビュー|お手軽口コミのアイコン

シンプルレビュー|お手軽口コミ

シンプルな日本製のレビューアプリ。レビュー機能を簡単に実現できます。

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売のアイコン

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売

シンプルな日本製の会員限定販売アプリ。商品毎に、ログインしていない顧客の購入制限を行えます。

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付けのアイコン

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け

日本製の会員ランク管理アプリ。条件を達成した顧客に自動でタグを追加し、顧客管理を手助けします。

シンプル Wishlist|お手軽お気に入りのアイコン

シンプル Wishlist|お手軽お気に入り

商品数・お気に入り数の上限なしで使えるお手軽お気に入りアプリ。簡単にお気に入り機能を実現できます。

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリのアイコン

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリ

シンプルな日本製の Coming Soonアプリ。商品毎に発売予告を行えます。

シンプルセット販売|お手軽クロスセルのアイコン

シンプルセット販売|お手軽クロスセル

シンプルな日本製のセット販売アプリ。セット販売でのクロスセルを簡単に実現できます。

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使えるのアイコン

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使える

日本製の予約販売アプリ。予約販売や受注販売、在庫切れ商品販売を簡単に実現できます。

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売のアイコン

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売

シンプルな日本製の期間限定販売アプリ。商品ごとに販売期間を設定することができます。

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売のアイコン

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売

日本製の VIP 限定販売アプリ。特別な顧客を対象とした限定商品の販売を簡単に実現できます。

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリのアイコン

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリ

シンプルな日本製の定額ポイントアプリ。顧客はポイントをそのまま利用することができます。

おすすめ記事