サムネイル

Shopify 開発のエンジニアになる方法を徹底解説!

目次

はじめに

Shopify の開発エンジニアとしてのキャリアを目指す方々へ向けて、このブログでは Shopify プラットフォーム上での開発スキルを身につけるためのステップバイステップガイドを提供します。

Shopify エキスパート企業であり、Shopify アプリ開発数日本一である弊社が、Shopify 開発エンジニアになるための方法について徹底的に解説していきます。

まずは、Shopify 開発エンジニアの種類を解説して、その次に Shopify 開発エンジニアなるための方法について解説していきます。

それでは、頑張っていきましょう。

Shopify 開発エンジニアになるメリット

Shopify 開発エンジニアになることには、多くの魅力的なメリットがあります。

まず、eコマース市場の拡大に伴い、Shopifyの需要は高まり続けています。これは、Shopify 開発エンジニアとしてのスキルを持つことが、安定したキャリアと収入の可能性を意味することです。さらに、Shopifyは使いやすいインターフェースと幅広い機能で知られており、多様なビジネスニーズに応じたカスタマイズが可能です。このことから、開発者は創造力を発揮し、オリジナルのソリューションを設計する機会が得られます。

さらに、Shopify 開発エンジニアは、世界中の様々な業界や企業と連携するチャンスがあります。

このプラットフォームは国際的に広く採用されており、多国籍企業から地元のスタートアップまで、幅広いクライアントと協力することができます。これにより、プロジェクトごとに新たな挑戦と学びの機会があり、プロフェッショナルとしての成長を促進します。

また、Shopifyの開発者コミュニティは活動が活発で、サポート体制も整っています。

多くのリソースやツールが利用できるほか、同僚からの助けも期待できます。これにより、技術的な問題やキャリアの進展に関するサポートを容易に受けることができます。Shopify 開発者として働くことは、技術的なスキルを磨くだけでなく、グローバルなネットワークを築く絶好の機会とも言えます。

これらのメリットを考えると、Shopify開発エンジニアという職業は、技術者にとって魅力的なキャリアパスであると言えるでしょう。

Shopify の開発エンジニアの種類

Shopify 開発エンジニアは二種類に分けられます。

Shopify ストア開発を支援するエンジニアと、Shopify のアプリを開発するエンジニアです。
各々の開発エンジニアについて必要な知識・技術を解説していきます。

Shopify ストア開発を支援するエンジニアに必要な知識・技術

Shopify ストア開発を支援するエンジニアに必要な知識としては、Shopify の管理画面の知識と Shopify ストアを開発するための独自言語である Liquid の知識が挙げられます。

Shopify ストアの管理画面・ノーコードで編集できる項目を学習して、独自言語である Liquid を学習することで、Shopify のストア構築が可能になります。

独自言語である Liquid は、HTML・CSS・JavaScript に{{ }}{% %} 等の構文で変数や制御構文を埋め込むことができる言語で、難易度的にはそれほど高くありません。

ただ、独自言語である Liquid は学習する方法がそれほど無いので、公式ドキュメントや英語の動画教材を使用することになるかと思います。

Shopify アプリを開発するエンジニアに必要な知識・技術

Shopify 開発エンジニアの種類の一つとして、Shopify アプリ開発エンジニアが挙げられます。

Shopify アプリの開発には、通常 React のフレームワークである Remix を使用することになります。Next.js や React 等で実装することもできますが、Shopify 推奨のテンプレートが Remix であるため、Remix を用いて Shopify アプリを開発することになるかと思います。

つまり Shopify アプリ開発エンジニアとは、Remix を用いてShopify の Admin API 等を叩くことで、Shopify 標準機能には無い機能を開発して、Shopify アプリを開発するエンジニアになります。

それでは次に、各々の開発エンジニアになるための方法について詳細に解説していきます。

Shopify ストア開発を支援するエンジニアになるための方法

Shopify ストア開発を支援するエンジニアになるためには、Shopify ストアの管理画面の知識と Shopify の独自言語である Liquid の知識が必要になります。

各々について解説していきます。

Shopify ストアの管理画面の知識

Shopify 管理画面の知識を学習する方法として、まずは Shopify の管理画面を触ってみることが重要です。

Shopify のパートナーアカウントを作成すれば、無料で Shopify の管理画面を使用することができます。

Shopify パートナーアカウント作成画面

この画面からアカウントを作成することで、Shopify のパートナーアカウントを作成することができます。

まずはパートナーアカウントを作成して、Shopify の管理画面の色々触ると良いかと思います。

また、弊社の無料コンテンツであるShopify 構築ロードマップを進めることで、Shopify 管理画面の知識を習得することができるかと思います。

ノーコードで Shopify のストアを構築してクライアントに Shopify アカウントを移管するところまで練習すれば、ひとまず Shopify 構築を行うことはできるでしょう。

もう少し細かいカスタマイズをするためには、Shopify の独自言語である Liquid を学習することになるかと思います。

Shopify の独自言語である Liquid を学習する方法

それでは次に、Shopify の独自言語である Liquid を学習する方法について解説していきます。

Shopify の独自言語である Liquid を学習する方法としてお勧めなのは、Shopify の公式ドキュメントを読むことです。

Liquid リファレンス

こちらの公式ドキュメントを読み込むことで、Liquid のオブジェクトや制御構文等を学習することができます。

このように、Shopify ストアの管理画面の知識と独自言語である Liquid を学習すれば、Shopify ストア開発を支援するエンジニアになることが可能です。

それでは次に、Shopify アプリを開発するエンジニアになるための方法について解説していきます。

Shopify アプリ開発エンジニアになる方法

Shopify 開発エンジニアになるためには、まずは React を習得する必要があります。

React を習得した後に、React のフレームワークである Remix を学習しましょう。

Remix を学習した後は、以下の公式ドキュメントを参考に Remix で Shopify アプリを作成する方法について学んでいくことになるかと思います。

Build a Shopify app using Remix

ここまでで、Shopify アプリ開発エンジニアになるための解説は終了です。

最後に

ここまでで、Shopify 開発エンジニアになるための方法について解説しました。

諸々解説を行いましたが、Shopify 開発を行っている会社に入社することが、Shopify 開発エンジニアなる近道だと思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

お疲れさまでした。

おすすめ Shopify アプリ

シンプル名入れ|お手軽名前入りギフトオプションのアイコン

シンプル名入れ|お手軽名前入りギフトオプション

シンプルな日本製の名入れオプションアプリ。商品毎に名入れオプションを追加できます。

シンプル在庫数表示|お手軽残りわずか表示のアイコン

シンプル在庫数表示|お手軽残りわずか表示

シンプルな商品の残りわずか表示アプリ。ストアに商品の残りわずか表示を簡単に導入できます。

シンプルギフトラッピング|お手軽ギフト包装アプリのアイコン

シンプルギフトラッピング|お手軽ギフト包装アプリ

シンプルな日本製のギフトラッピングアプリ。カートページに簡単にギフト包装オプションを追加できます。

シンプル購入制限|お手軽注文制限について徹底解説のアイコン

シンプル購入制限|お手軽注文制限について徹底解説

シンプルな日本製の購入数制限アプリ。商品ごとに数量の規制を行えます。

シンプルランキング表示|お手軽ベストセラーのアイコン

シンプルランキング表示|お手軽ベストセラー

購入促進!コレクションにランキングラベルを表示してストアの人気商品をアピール

シンプル顧客タグごとの限定販売|お手軽ロイヤリティのアイコン

シンプル顧客タグごとの限定販売|お手軽ロイヤリティ

日本製の顧客タグごとの購入制限アプリ。特定のタグを持つ顧客への限定販売を簡単に実現できます。

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示のアイコン

シンプルロゴ一覧|お手軽ロゴリスト表示

シンプルなロゴリストアプリ。ストアにロゴリストを簡単に導入できます。

シンプル余白調整|お手軽レイアウトのアイコン

シンプル余白調整|お手軽レイアウト

シンプルな日本製の余白調整アプリ。余白を挿入することでページデザインの調整が簡単にできます。

シンプルのし(熨斗)アプリのアイコン

シンプルのし(熨斗)アプリ

シンプルな日本製のしアプリ。のし選択機能を簡単に実現できます。

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリのアイコン

シンプル画像バナー|お手軽広告バナーアプリ

シンプルな画像バナーアプリ。ストアに画像バナーを簡単に表示できます。

シンプル Q&A|どこでも FAQのアイコン

シンプル Q&A|どこでも FAQ

シンプルな Q&A アプリ。ストアに FAQ を簡単に導入できます。

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導のアイコン

シンプルモバイルアプリバナー|スマホアプリに誘導

シンプルなモバイルアプリバナー。ストアにモバイルアプリバナーを簡単に導入できます。

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリのアイコン

シンプル流れる告知|流れるお知らせ挿入アプリ

シンプルな流れる告知アプリ。ストアに流れる告知を簡単に導入できます。

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更のアイコン

シンプル売り切れ非表示|在庫切れ商品の表示変更

売り切れ商品を非表示にすることができる日本製アプリ。売り切れになった商品を、自動的に非表示(下書き状態)にすることができます。

シンプルレビュー|お手軽口コミのアイコン

シンプルレビュー|お手軽口コミ

シンプルな日本製のレビューアプリ。レビュー機能を簡単に実現できます。

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売のアイコン

シンプル会員限定販売|お手軽アカウント必須販売

シンプルな日本製の会員限定販売アプリ。商品毎に、ログインしていない顧客の購入制限を行えます。

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付けのアイコン

シンプル会員ランク|お手軽顧客タグ付け

日本製の会員ランク管理アプリ。条件を達成した顧客に自動でタグを追加し、顧客管理を手助けします。

シンプル Wishlist|お手軽お気に入りのアイコン

シンプル Wishlist|お手軽お気に入り

商品数・お気に入り数の上限なしで使えるお手軽お気に入りアプリ。簡単にお気に入り機能を実現できます。

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリのアイコン

シンプル Coming Soon|商品ページ発売予告アプリ

シンプルな日本製の Coming Soonアプリ。商品毎に発売予告を行えます。

シンプルセット販売|お手軽クロスセルのアイコン

シンプルセット販売|お手軽クロスセル

シンプルな日本製のセット販売アプリ。セット販売でのクロスセルを簡単に実現できます。

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使えるのアイコン

シンプル予約販売|受注販売や在庫切れ商品販売で使える

日本製の予約販売アプリ。予約販売や受注販売、在庫切れ商品販売を簡単に実現できます。

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売のアイコン

シンプル販売期間設定|商品ごとに期間限定販売

シンプルな日本製の期間限定販売アプリ。商品ごとに販売期間を設定することができます。

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売のアイコン

シンプルVIPプログラム|お手軽VIP会員限定販売

日本製の VIP 限定販売アプリ。特別な顧客を対象とした限定商品の販売を簡単に実現できます。

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリのアイコン

シンプルポイント|追加料金なしで使えるお手軽ポイントアプリ

シンプルな日本製の定額ポイントアプリ。顧客はポイントをそのまま利用することができます。

おすすめ記事